パスワードを忘れた? アカウント作成
14273328 story
Blackberry

物理キーボードを搭載するBlackBerryブランドの5Gスマートフォン、米スタートアップ企業が発売へ 8

ストーリー by nagazou
まだまだぁ 部門より
headless 曰く、

米OnwardMobilityは19日、BlackBerryおよびFIH Mobileと提携し、物理キーボードを搭載するBlackBerryブランドの5G対応Androidスマートフォンを発売する計画を発表した(ニュースリリースBlackBerryのニュースリリースThe Registerの記事The Vergeの記事)。

BlackBerryは2016年にハードウェアの自社開発終了を発表し、TCL Communicationがライセンスを得て複数のモデルを発売していた。しかし、TCLは2018年のBlackBerry KEY 2 LE以降新製品を発表しないまま、今年8月31日でBlackBerry端末の製造・販売を終了すると2月に発表した。なお、現在のところBlackBerry Mobile公式サイトはTCLが引き続き運営している。

今回、OnwardMobilityはBlackBerryブランドの5Gモバイルデバイスを開発・設計・販売する権利を取得し、2021年上半期には北米と欧州で発売する計画だという。ただし、設計と製造はFoxconn傘下のFIH Mobileが担当する。FIH Mobileは2016年にMicrosoftがフィーチャーフォン事業から撤退した際、ベトナムの生産施設などを取得している。OnwardMobility公式サイトに既存製品は掲載されておらず、BlackBerryスマートフォンが初の製品になるようだ。

  • by Anonymous Coward on 2020年08月21日 15時18分 (#3874210)

    お高いんでしょ?

    ここに返信
    • Re: (スコア:0, オフトピック)

      by Anonymous Coward

      ブラックなんか社名に入れてるけど名前は問題ないの?

  • by Anonymous Coward on 2020年08月21日 19時16分 (#3874401)

    テキストメッセージを打つのに、物理キーボードを備えた端末が使いやすいことは論を俟たない。それは確か。
    しかし、BlackBerry全盛だったころは、携帯電話の使い道と言えばもっぱら通話かメールだったものの、
    今ではスマートホンは多機能になりすぎた。

    ありとあらゆる種類のアプリケーションが提供する情報や、高解像度の写真、動画、
    そしてオペレーションのためのUIを表示するため、ディスプレイは面積と解像度の拡大を要求し続けている。

    端末は「携帯」に困るまでに巨大化し、それでも足りないと狭額縁化、ノッチやパンチホールなんて
    無理やりな手段で少しでも画面面積を稼ごうとしている有様。果ては折りたたみディスプレイまで出始めた。

    スマートフォンの前面の「土地代」はもの凄く高く、その半分近くをテキスト入力時以外は役に立たない
    キーボードに常時占めさせておくわけにはいかない。スライドやクラムシェルは、その「テキスト入力時以外は役に立たない」
    物のために、端末コストを跳ね上げ、携帯性もさらに悪くする。

    ニーズが無いとは言わない。いつだって、オールドスタイルから変わることを拒否する人、懐古主義者などはいるものだ。
    でも彼らはマイナーで、決して多数ではない。数が出ないということは、大量生産のメリットを得にくくなること。
    「え?この程度の機能なのに、こんなに高いの」って製品になる。→ますます買う人は少なくなる。→撤退。となったのが
    TCL Communicationのケース。

    OnwardMobilityはTCLと同じ轍を踏まないようなアイディアが何かあるのだろうか?

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年08月21日 21時05分 (#3874473)

    BlackBerryたるアイデンティティがキーボードしか無いのはどうかと。セキュリティもへったくれもない。

    ここに返信
typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...