パスワードを忘れた? アカウント作成
14177788 story
統計

2020年第1四半期のスマートフォン出荷台数は前年比11.7%減の2億7,580万台、過去最大の減少幅に 6

ストーリー by headless
激減 部門より
IDCの推計によると、2020年第1四半期のスマートフォン出荷台数は前年同四半期比3,650万台減(11.7%減)の2億7,580万台となり、過去最大の減少幅となった(プレスリリース)。

第1四半期の減少はCOVID-19パンデミックによるもので、IDCでは世界的なロックダウンで購買意欲が低下した点や、中国のサプライチェーンが大きな影響を受けた点を主な要因として挙げている。出荷台数の4分の1近くを占める中国では、第1四半期にロックダウンのピークを迎え、前年比20.3%減と世界最大の減少幅を記録したという。その他の地域では特に米国(16.1%減)と西欧(18.3%減)が大きな影響を受けたとのこと。

ベンダー別にみるとトップ3は軒並み減少しているが、1位のSamsungが1,360万台減(18.9%減)の5,830万台、2位のHuaweiが1,010万台減(17.1%減)の4,900万台と大きく減少したのに対し、3位のAppleは10万台減(0.4%減)の3,670万台にとどまり、シェアを1.5ポイント増の13.3%まで伸ばしている。SamsungはGalaxy S20の高い価格が売り上げ増に貢献したが、出荷台数の面ではAシリーズに支えられたという。Huaweiは早めの値下げとオンラインでの販売により、パンデミックの影響を最低限に抑えたとのこと。Appleは出荷台数を減らしたもののiPhone 11が引き続き好調であり、第2四半期以降は新iPhone SEに期待がかかる。

一方、4位のXiaomiと5位のVivoは出荷台数・シェアともに伸ばし、Xiaomiは170万台増(6.1%増)の2,950万台、Vivoは160万台増(7.0%増)の2,480万台。Xiaomiのシェアは10.7%となり、初めて10%を超えた。6位以下の合計は1,600万台減(17.2%減)の7,750万台となり、トップ5のシェアは71.9%まで増加している。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by miishika (12648) on 2020年05月07日 6時37分 (#3810151) 日記
    この記事に日本のメーカーが登場する日は来るのだろうか。
    何か新しいデバイスが普及して、スマートフォンが「オワコン」になった時位しか思いつかない。
    • by Anonymous Coward

      アップルが傾いたところでソフトバンクに買収されるとか

    • by Anonymous Coward

      答えはもちろんNO!っていいたいとこだけど、
      コロナのせいで西側と中国が冷戦に入ったらワンチャンあるかも。

  • by Anonymous Coward on 2020年05月07日 3時40分 (#3810141)

    私も新しいスマホやモバイルPCを買う計画はあったけれど持ち運ばないのに買っても仕方ないという結論に。

    ついでにスマホの通信プランもパケット6GBを2GBに変更してしまった。

  • by Anonymous Coward on 2020年05月07日 7時35分 (#3810159)

    2000万台もAppleより売ってるのに機種別だとiPhoneの一番売れた奴には勝てないんだよな・・・

    • by Anonymous Coward

      Samsungは一機種やそこらこけても大丈夫だけど、Appleは存亡にかかわるともいえる

typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...