パスワードを忘れた? アカウント作成

自宅でLTEネットワークを構築する方法」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    >なお、電波を免許なしに実際に放射してしまうと電波法違反になるため、

    これがきついから、日本では開発がやりにくくなっているんだよな。
    電波暗室なんて高価で持てないよ。

    • by Anonymous Coward on 2020年03月26日 9時51分 (#3785756)

      海外にも電波法に相当する法律はあると思うのですが、免許がなくても開発名目や趣味などで自由に使えるのですか?
      帯域毎に目的が分けられ、免許無しでも使える周波数帯は限られているはずですが……

      # LTE なんて飛んでない、だだっ広い土地であれば問題ないかもしれないけど

      • by nekopon (1483) on 2020年03月26日 10時04分 (#3785768) 日記

        だだっ広い土地

        これにつきる
        // 日本でも窪地でテストかますケースが多々あったり(内緒

      • by Anonymous Coward

        あまり詳しくないですが、
        アマチュア無線の免許でテスト用に使える周波数は割り振られてて、各国大体同じなので、それは使えると思います(暗号通信に使えないとかの制約はありますが)。
        LTEで使えそうなのは430,1200,2400MHz帯とかですかね?

        ただ海外と比べて日本が違う点があって、日本では電波を出すのに機械自体の免許(技適ある市販品はいらない)も取る必要がある。だから日本だと自作のトランシーバーとか作っても、装置を作ってから回路図とテスト送信の計測値とかを送って、お金払って免許をもらわらってから出ないと合法的には使えない。
        一方海外だとアマチュア無線の免許をとった時点で、その免許が許す範囲の周波数と電力でなら、どんな装置を使って電波を出しともいいことが多いみたいです。

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...