パスワードを忘れた? アカウント作成

2018年第3四半期のスマートフォン販売台数は548万台増の3億3,907万台、中国ブランドが支える」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2018年12月06日 14時53分 (#3528106)

    ヘッドレスたん、この手の統計記事をたれ込むのはいいけど、もうちょっとなんとかならんの。
    数字を地の文にだーっと書かれても読みにくいだけだし、表にするとか箇条書きにするとかさ。
    細かい数字はリンク先に出ているんだからいちいち書かなくても。エッセンスだけ載せようよ。

    と言う事で書いてみた。

    ガートナーが2018年第四四半期のスマートフォン販売台数の集計を発表した(プレスリリース [gartner.com])。全世界スマートフォンの販売台数は、3億8907万台、前年比1.4%、548万台の増加とのこと。

    ベンダー別シェアは、1位Samsung、2位Huawei、3位Apple、4位Xiaomi、5位Oppoとなった。
    1位のSamsungは一位を守ったものの、トップ5で唯一販売数を落とし、シェア3.4ポイント減の18.9%となった。
    その一方、HuaweiとXiaomiが伸ばした形だ。AppleとOppoは微増に留まり、ほぼシェアは変わっていない。

    ガートナーはリリースの中で
    ●第三四半期の成長はHuaweiとXiaomiに支えられたもの。HuaweiとXiaomiを除くと販売台数は5.2%減
    ●Huaweiは、中東、アジア太平洋、アフリカで積極的に展開をして、Samsungとの差を縮めている
    ●Samsungは新機種の販売が伸び悩み、巨大なインド市場などで中国勢との競争に敗れた
    ●Appleは高価格スマートフォン市場の飽和に直面している
    ●5Gや折りたたみ大画面スマホは浸透に時間がかかる
    等の分析を述べている。

    2019年は5Gのテストが活発になると思われるが、Bloomberg [bloomberg.com]によれば、Appleが5G対応iPhoneが早くも2020年になると言う状況だ。ガートナーも5G対応端末は2020年でも6500万台に留まると見ており、当面は現在の状況が続きそうだ。

    うーん。難しい。難しいけど、ベターッと地の文に何もかもぐちゃっと書き殴るよりは、読みやすいと思わない?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      切る勇気がないんだろうな
      タレコミ文はダラダラどうでも良い知識を並べてるから余計にわかりにくい
      話をまとめる能力に欠けている

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

処理中...