パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

総務省、携帯電話各社に「2年縛り」見直しを要請」記事へのコメント

  • 契約時に「契約解除した場合は違約金が発生しますよ」と念押しした上で、というのはわかる。
    けど、自動更新でも違約金が発生するというのは消費者からすると納得がいきにくいというのはあると思うね。

    そもそもの話をすると、「長期契約することによる割引」なのに「いったん契約を切って再契約」したのと同じ処理を同意も取らずに行ってしまうことに問題があると思う。

    本来、キャリアとしては2年で契約を切られてしまうよりも2年半まで契約してもらえる方がメリットはあるはずなのに、今のシステムは「自動更新という名の長期契約リセット」であるが故にユーザーに対する「2年以上契約しよう」という訴求力を失ってしまっている。

    ユーザー同意のプロセスのない自動更新で違約金が発生する、長期契約割引なのに長いこと契約した方が高いことがある、この二点において今のシステムは異常だと思う。

    • いやそもそも「長期契約することによる割引」じゃないだろ。
      太古の昔は契約済み実績年数で割引きがあったけど、今は2年縛りに変わってしまって長期割引制度残ってる会社ないし。
      電話会社の懐事情は知らないけど、何年も居座られるくらいなら2年でさっさと出て行って欲しいという意思の表れでしょう、これは。
      親コメント
      • 今の契約には、表向きには本体購入代金を分割支払いさせるための最低期間保証と長期契約による割引の二つの考え方があると思う。
        ただ、分割購入した場合の割引も各社用意してて別の割引オプションとなっているケースが多いはず従って、N年契約で基本料金割引というのは実質長期契約による割引に該当すると思う。

        ただ、表向きにできない部分も考慮すると、MNPでの転出にペナルティを課したいという意味合いはあるかもしれない。
        各キャリアども、新機種はだいたい同じ時期に発表して料金プランも同じタイミングで変更される。それに伴う神経客キャンペーンも当然同じ時期に行われる。
        今の2年縛りは解約月が「2年と1ヶ月後」にくるので、2年ごとにキャンペーンにのっかて契約を変えると違約金が発生する。これは解約月を後ろに延長してもかわらない。
        MNP転出時のペナルティとしてこのような契約になっている可能性はあるのではないかと思う。もちろん、MNP制度を導入した総務省の狙いに真っ向からたてつくことになるので、表だっては各社絶対に否定するだろうけど。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        >今は2年縛りに変わってしまって長期割引制度残ってる会社ないし。

        docomoはやってますよ。
        いつやめました?

        • by Anonymous Coward

          MNPで他社での利用期間を引継げるので、形骸化しているという

      • by Anonymous Coward

        いや、長期契約することによる割引で合ってますよ。
        キャリアとしては、初期登録費用という大きな費用が発生することを防げ、
        ユーザーとしては、利用料に割引を受けられるというWin-Winの関係。
        しかし、2年を越えたら既に初期登録費用の償却は終わっている。
        それにも関わらず、2年間の縛りが続くことはユーザーにとって何のメリットもないので今回の事態にまで発展した。
        更新後の2年縛りにさらなる割引や特典があるのなら、また違った話になるのかもしれないが。

        • by Anonymous Coward
          大学生が8年で強制放校になるのと同じで新規契約手数料(大学なら入学金ね)で儲けるビジネスプランになってんじゃねぇの。キャッシュバック等で実質マイナスなようにも思うから懐事情は分からんと書いたけど、じゃないと現状の過剰な新規優遇は説明つかないよね。
          • by Anonymous Coward

            MNPの転出、転入の数で競い合っており、その数を買っています。
            尤も、無駄だと気付いたのでしょう。純増数の発表は既にしない動きになっていますね。
            新規契約手数料は大学の入学金とは違い、消費者の支払う金額は大きくありません。
            純増顧客という付加価値を各社求めているのです。

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...