パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

AMDがNVIDIAのG-SYNCに対抗する「FreeSync」をデモ」記事へのコメント

  • >V-SYNCでは1フレームずつコマ落ちするため30fpsにまで落ち込んでしまっている。

    これって同じものを2回表示してるって意味だよね?
    つーことはディスプレイとしてはあくまで60Hz動作だと。
    (フリッカーフリーを目指すならせめて70Hzで動作してほしいが)

    >これに対しFreeSyncでは約49fpsであり、本来であればディスプレイとの同期が取れずに生じるはずのカク付きも抑えられているのがわかる。

    こっちだとディスプレイ自体が49Hzで動作することになって、ちらつきが激しくなるんじゃないか?

    • by Anonymous Coward on 2014年01月09日 0時24分 (#2524123)

      液晶の場合、CRTのようにビームの当たっている部分だけ表示しているラスタースキャンじゃないから、黒挿入をしていない場合は
      全画面一斉に書き換えるので(液晶の反応速度により残像は除いて)いわゆる「ちらつき」は発生しない。

      要は、CRTはリフレッシュレート60Hzのときは1秒間に60回走査線の数だけのラインを順次一瞬表示して消す(消える)、という動作をしているけど、
      液晶は1秒間に60回全体の表示を同時に変える動作をしている、ということ。しかもその光は液晶そのものが出すのではなく、バックライトが出しているから、
      液晶ディスプレイでちらつき(明滅)を感じるとしたら、それはバックライトがちらついているんだろうな。

      親コメント

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...