パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

GALAPAGOS ストアの電子書籍は DRM で閲覧を GALAPAGOS 端末に限定 (一人 2 台まで)」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2010年10月14日 12時52分 (#1840191)

    DRMによるコピー制限とか商売としてうまくいったためしがないんじゃね?
    ある程度低額でコピーフリーなコンテンツが買えるんならめんどくさい自炊とか自炊データのP2P収集とかしない
    コピーフリーだからって厳密にバックアップとって保存しておくことすらしないだろうと思う、めんどうだし
    うっかり無くしてまた読みたくなったらまた買うだろう
    でもDRMコピー制限となると100円でも買わない
    コピーフリー有料の選択肢がないなら自炊すると思う、めんどうだからしたくないけど
    んで厳密な保存とかめんどうだからP2Pに流すか適当なロダにうpしとくかも、そしたら出先で読みたくなったとき読めるし

    だいたい本なんて買ったからと言って常に即読むとはかぎらない
    積んどいた間に機械こわれてorDRM仕様が変わって読めなくなりましたとかありえすぎて萎える

    • by Anonymous Coward on 2010年10月14日 13時06分 (#1840203)

      >自炊データのP2P収集

      さらっと権利侵害行為を挙げるこういう輩がいる限り、権利者はDRMを緩めるわけにはいかないのでしょうね。

      親コメント
    • by 90 (35300) on 2010年10月14日 13時23分 (#1840216) 日記
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2010年10月14日 14時02分 (#1840251)
      DRM付きコンテンツを買う→コピーフリー化、これ最強。HDMIキャプチャを用意しとけば、インタラクティブなソフト以外は何とでもなる。

      ある本はActiveXベースの書籍リーダなサイトでしか売っておらず、別のある本はwebにアクセスしてパスワードを入力するとpdfの小窓が開くサイトでしか販売しておらず、また別のある本は特殊なローダを実行するとAcrobatが起動する仕組みのサイトにしか置いてない、とかいう現状はめんどくさくてしょうがない。どれもこれもPC2台をHDMIキャプチャで繋いで、ページを自動で送るツールと、一定時間ごとにキャプチャから静止画を取り込むツールでJPEG化。後はUIが気に入ってるツールで閲覧。

      電子透かしやらが仕込まれてる可能性がなきにしもあらずなので、流出は絶対しないよう気をつけて運用する必要があるけど。
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2010年10月14日 15時09分 (#1840282)

      >DRMによるコピー制限とか商売としてうまくいったためしがないんじゃね?
      それはない。
      ケータイビジネスはほとんど全部DRM付だ。

      >だいたい本なんて買ったからと言って常に即読むとはかぎらない
      >積んどいた間に機械こわれてorDRM仕様が変わって読めなくなりましたとかありえすぎて萎える
      オンデマンドってのは、そういう無用の購入を避けるってのも有る訳だけど。

      別に擁護する気も無いが、「タダで入手が出来れば買わない」って人も多いから、ある程度は仕方ないだろう。
      >でもDRMコピー制限となると100円でも買わない
      って人も居るのだし。

      #普通は利便とコストを天秤に掛けるんだが、それすらしようとしない人も居るって例だし。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2010年10月14日 18時35分 (#1840464)

      コピーフリーだからって厳密にバックアップとって保存しておくことすらしないだろうと思う、めんどうだし
      うっかり無くしてまた読みたくなったらまた買うだろう

      文脈からして、「うっかり無くしてまた読みたくなった」ら買わずに「前回買ったのだから無料でもう一度出せ」とか言い出す方に一票。

      普通は「低額」なら「再購入する」ってのなら解る。
      しかし「コピーフリー」なら「再購入する」ってのには繋がらない。
      コピーフリーを有る程度の価格相当のプレミアムと考えるのなら解るけども、

      DRMコピー制限となると100円でも買わない

      の対象となるコンテンツの価値は解らないが、前後からすれば「値段としては充分に安い価格であっても」と言う意味が妥当だろうから、実は言っている事には価格は関係ないって事が解る。

      結局言いたいのは「DRMが有るからコピーやP2Pでの取得は仕方ない」って事だね。

      でもって、そういう人が居る以上はコンテンツ流通業者や機器メーカーは「DRM使いません」とは言えないんですよ。
      彼ら自身が権利を持っている訳じゃ無く、他人の権利でビジネスをやっている以上は。
      変な屁理屈は逆効果になるから、改善を求める人たちには迷惑だと思うよ。

      私なんかはDRMが有っても価格がその分安ければ気にしない。
      雑誌類や新聞なら、紙媒体の半額程度なら納得して買うのですが。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      >DRMによるコピー制限とか商売としてうまくいったためしがないんじゃね?

      iTSは、少なくともアメリカではCD市場を喰いましたな。
      日本じゃ他のコメにもあるケータイ市場が成功してますな。
      #無知にもほどがある

    • by Anonymous Coward
      コピーフリー=コピー不要

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

処理中...